ロンドン動物園に爬虫類を見に行く

リージェンツ・パークとロンドン動物園案内図

イギリス・ロンドンには、世界最初の科学動物園とされるロンドン動物園があります。そのロンドン動物園のなかにある、爬虫類両生類の展示施設を見に行ってきましたのでご紹介します。

ロンドン動物園は、ロンドンの郊外にあります。中心部からの距離は、ちょっと短めの通勤圏というイメージ。地下鉄にしばらく乗って、最寄りのカムデンタウン駅から10分程度歩いたところにあり、広い公園(リージェンツ・パーク)に隣接しています。

リージェンツ・パーク入り口

チケットを買って、中に入ります。チケット代は約30ポンド。1ポンド150円換算で4500円、200円換算で6000円です!日本だと、公的施設であることが多い動物園ってそんなに高くないですよね。維持費用にお金がかかりそうな水族館も、そこまで高いところは記憶にありません。ロンドンは全般的に物価が高めですが、それにしても高い入場料です。

ロンドン動物園入り口エリア

入場後、他の動物たちを眺めるのもそこそこに、爬虫類エリアへ。爬虫類エリアは、①爬虫類館の建物、②別棟のコモドドラゴンと何種類かのリクガメたちの飼育棟、③ゾウガメの飼育エリアに分かれています。

ロンドン動物園爬虫類館

爬虫類館の建物の外観は、結構お洒落でした。映画ハリー・ポッターシリーズのなかに爬虫類が登場する場面があるらしく、その撮影現場にもなったようです。

建物内のつくりは、縦長のロの字型の回廊があって、回廊に沿って両側に展示用の飼育ゲージが並ぶ仕組みでした。

ロンドン動物園爬虫類館の屋内展示スペース

ゾウガメやコモドオオトカゲなどは別エリアで飼育されており、ここは広い飼育スペースを要求しない小型種の展示がメインですが、突き当たりの正面奥にはワニ(フィリピンクロコダイル)もいます。

突き当たり正面奥のワニ

フィリピンクロコダイルは、陸地と水場がある飼育スペースを上から眺めて観察する仕組みとなっていました。幼体を観察できる水槽も別にあって、そこでは横から水中での様子を見ることができます。

上から見た水中のフィリピンクロコダイル

水中のフィリピンクロコダイル

爬虫類館内に並んでいる展示は、それぞれ生育環境を再現したレイアウトになっています。樹上性と思われる種類には、植物を使った立体的なレイアウトが組まれ、砂漠・砂地が生息地となっているものには、床材に砂を使ったケージが組まれています。水場がすみかとなっている種類には、ケージ内に水の流れや止水域を作って環境を再現しています。

次は、こういった個別の展示についてレポートする見せ方に工夫あり!ロンドン動物園爬虫類館の屋内展示へと続きます。

スポンサーリンク