中部・東海」タグアーカイブ

渓谷沿いの有尾類飼育施設・日本サンショウウオセンター

三重県の山奥で、オオサンショウウオをはじめとする有尾類を飼育する施設が、ひっそりと営業しています。その名は、日本サンショウウオセンター。

日本サンショウウオセンターで見たオオサンショウウオの赤ちゃん

行ってみると、古めかしいけどしっかりした設備で、何種類かの有尾類が飼育されていました。以下、ご紹介します。

日本サンショウウオセンターへのアクセス、行き方

日本サンショウウオセンターは、オオサンショウウオが実際に住む渓流のほとりにあります。当然、都市部からは離れた立地。

続きを読む

カメの多頭飼い環境と明るいデザインが必見、日本平動物園爬虫類館

静岡県は、爬虫類両生類関連施設の充実度では日本トップクラスのエリア。iZooを擁する伊豆は聖地とも言える場所ですが、伊豆から少し離れた静岡市にもいい施設があります。

日本平動物園のエントランス

日本平動物園爬虫類館です。

続きを読む

中部・近畿エリアの本格派爬虫類両生類展示施設・鳥羽水族館

鳥羽水族館は、真珠で有名な三重県・鳥羽湾の、海のすぐ側にある水族館。爬虫類両生類がメインの水族館ではありませんが、規模か大きいので爬虫類両生類の展示も充実しています。以下、ご紹介します。

鳥羽水族館の爬虫類両生類展示スペース

鳥羽水族館へのアクセス、行き方

鳥羽水族館は、近鉄鳥羽駅の近くにあります。大阪や京都、名古屋など近鉄ネットワーク圏内からは、アクセス至便。近鉄特急に乗れば、大阪・名古屋どちらからでも2時間以内で着きます。

続きを読む

多種類のカエルを環境とともに展示・体感型カエル館Kawazoo

カエルは、「環境を飼う」生き物であると言われます。

Kawazooのモウドクフキヤガエル

・樹上性、半水棲、完全水中棲、地表性、地中性・・・のようにさまざまな環境に生息していること

・みずから体温を保つことができる恒温動物でない上、水分不足に対する守りを持たない両生類であること

続きを読む

質・量ともに日本有数規模、東山動物園自然動物館

愛知県名古屋市にある東山動物園は、植物園や遊園地と一体となった大型の動物園。その中に、自然動物館という展示施設があります。爬虫類両生類を展示する施設として、質・量ともに日本有数の存在ですのでご紹介します。

東山動植物園正門入口
続きを読む