樹上性だが水場も重要?プロのアマガエルの飼い方3選

二ホンアマガエルは、爬虫類両生類に興味のない人が「カエル」と言われてまず思い浮かべる存在。小さくて、きれいな緑色のかわいいカエルです。そんなアマガエルを、プロはどのように飼育しているのでしょうか。エサやケージの状況をリサーチした結果をご報告します。

田んぼの中のアマガエル

二ホンアマガエルの飼育ケージレイアウト、エサ等

プロの飼育環境を見る前に、二ホンアマガエルの飼育条件について、詳しい参考書から基本的な情報を抜粋します。各参考書とも抜粋部分の何倍、何十倍の情報量がある本ばかりですので、実際に飼育される方にはご一読をお勧めします。

千石正一著「爬虫両生類飼育図鑑」には、

ケージ:テラリウムで飼い、とまれる枝や植物を入れておく。夏は蒸れに注意。通風をよくすると共に、跳ねてぶつかっても吻端を傷付けないので、蓋は布がよい。

エサ:ハエ・コオロギ・ウンカ等の虫を食べる。けっこう大食いで1日にハエにして5~10匹、重量にして月に体重の3倍以上食べ、速やかに育つ。

とあります。

大谷勉著「日本の爬虫類・両生類飼育図鑑」には、エサについて次のような記載がありました。

エサ:餌は日中、飛翔昆虫を含む地表棲無脊椎動物を捕食するが、夜間、灯火などの明かりに集まり、飛翔昆虫類を捕食する。飼育下では餌用の昆虫類を使用。餌サイズは口の幅を最大とし、それ以下のサイズの餌を与える。

海老沼剛著「お茶目なカエルと暮らす法 かえる大百科」には、樹上生カエル一般の飼育レイアウトについて、次のように書かれています。

・こもった空気は樹上生の種にとって大敵である。飼育ケージを選択するときは、通風の良いケージであることを念頭に置いて行おう。昨今では、上部が網蓋で前扉を開閉してメンテナンスができるガラスやアクリル製の専用ケージが市販されている。

・樹上種の場合、地上に降りて活動することはあまりなく、飼育レイアウト内の植物や枝の上、もしくはケージの壁面を主な活動の場とするため、高さを重視したケージを用意してやろう。

・水分補給は水入れと霧吹き、2つの「水」で行う。すなわち、物理的な吸水と、空中湿度の調節である。

ちなみに、アマガエルの野生での生息環境は房総半島でみたヘビ・カエル・トカゲで紹介しています。この時は林の近くの田んぼでみかけました。野外採集した生体を飼育する場合には、生体の採集地の環境が参考になるはずです。

東山動物園自然動物館のアマガエル飼育ケージ

東山動物園自然動物館のアマガエルケージ

東山動物園自然動物館におけるアマガエル飼育レイアウトは、大磯系の砂利を床材とし、木の枝にポトスを配する構成。大磯の地面を流木や岩で区切って、底面積の5分の1くらいは水場としています。上部は、おそらくバックヤードとなっており、通気性は確保されています。

東山動物園自然動物館のアマガエルケージ
上部の枝の分かれ目と、奥の茂みの葉の陰にカエルがいた

ポトスは、複数の飼育参考書でケージ内に入れるおすすめの植物として名前が挙げられていました。枝に絡ませる、という使い方もできるんですね。

底面に大磯を配するのは東山動物園の方針らしく、ほかのカエル・有尾類の床材も大磯が多かったです。東山動物園の展示ケージは設備が整っており、左側に散水口、水場のなかに排水口が見えます。大磯+この設備だと、メンテナンスも行き届きそうです。

あわしまマリンパークカエル館のアマガエル飼育ケージ

カエル館のケージ上部付近のアマガエル

80種類以上のカエルを飼育していたあわしまマリンパークカエル館。種類に応じた生息環境が用意され、アメリカアマガエルやアカメアマガエルなど、〇〇アマガエルのケージだけでも沢山ありました。そんなカエル館でのアマガエル飼育ケージがこちら。

あわしまマリンパークカエル館のアマガエル飼育レイアウト

ケージはアクアテラリウムで、底面に赤玉土系のソイルを敷き、水を~10センチくらい入れています。水中には、アナカリス。ケージ上部は網、右下には排水設備らしきものも見えます。

岩で仕切られた部分は陸地となっていて、高さのある観葉植物と木の枝が立体的に配されています。カエルは、陸地にも植物上部にもいました。

カエル館のアマガエル(アルビノ)

足立区水生物館のアマガエル飼育レイアウト

足立区生物園のアマガエル飼育レイアウト。アクアテラリウムで、底砂は大磯とし、~10センチくらいの水が入っています。左後方に木の枝を配し、ポトスらしき植物も見えます。飼育ケージの上部はメッシュで、右横から開閉する仕組み。カエルは、両脇のガラス面の上方に貼りついているのが見えます。

よくみると、陸地はレンガの上に乗った容器でした。大磯を敷いた水深10センチくらいの水槽にレンガを入れ、その上に目立たないよう黒っぽく着色した容器(深さのあるタッパーか何か。百円ショップで売っているようなものかもしれない)をのせています。容器には土が入れられ、植物が植えこまれています。容器を覆い隠すように流木が配されているため、自然な感じに見えます。

足立区生物園は、市販されているような器具をつかって、ものすごくキレイなレイアウトを作ってきます。アマガエルケージも、なかなか工夫されていました。

【番外編】井の頭自然文化園水生物館のアマガエル飼育レイアウト

季節限定のケージということで番外編の扱いとなりますが、印象深かったのが井の頭自然文化園水生物館のカエルハウス。アマガエルの飼育ケージとして、ちょっとした小屋を建てていました。

井の頭自然文化園のカエルハウス

飼育小屋は、前面がガラス、背面が木の板、両サイドは通気性の良いメッシュ素材を使用。直射日光が入りすぎないよう、屋根も整備されています。

カエルハウスの中

ケージ内の植物は、日本在来の庭木「ヤツデ」を使用。確かに、日陰を好み、乾燥が苦手という種類ですので、これはいいセレクションです。形としても、立体的で、鬱蒼とせず、葉が大きくて・・・と見映えがします。

底面はヤツデを取り巻くように水場を配し、土の部分にはシダなどの下草も生やしていました。

二ホンアマガエルの飼育環境まとめ

二ホンアマガエルは、飼育環境のカテゴリー上、よく樹上棲カエル/ツリーフロッグに含めて扱われます。ただ、実際にいくつかの動物園や水族館を見て回ると、上で取り上げた場所以外も含めて、それなりに水場を広くとったケージで飼っているところが多くみられました。番外編のカエルハウスはほぼテラリウムでしたが、他に小さな水入れしかないテラリウム(例えばイエアメガエルのようなテラリウム)で飼育されていたところは見当たらず。

体が小さいだけに、万が一の乾燥が致命的、ということなのかもしれません。私も過去に、小型両生類の乾燥では悲しい思いをしています。確かに見て回った飼育ケージでアマガエルが水につかっている場面は見ませんでしたが、活動範囲が地表でないアマガエルにとって、立体的に活動できる空間さえ用意しておけば、床面に水場があってもそれほど邪魔になるものではありません。水質・水温管理は水量が多い方がやりやすいでしょうし、乾燥に対する保険的な意味合いでも、一定の水場を用意する意味はあるのではないかと感じました。

スポンサーリンク