餌・ケージ・飼い方」カテゴリーアーカイブ

プロがつくるボールパイソンの飼育ケージレイアウト3選

ボールパイソンは、いわゆる「外国産の大蛇」の見た目をもつヘビ。実際、世界最大のヘビ・アミメニシキヘビと同じニシキヘビ科に属し、ボールニシキヘビとも呼ばれます。

天王寺動物園のボールパイソン

ニシキヘビ科のヘビは巨大な種が多く、前述のアミメニシキヘビは最大10メートルにもなりますし、シカやヒョウなどを飲み込むこともあります。一方、ボールパイソンは150センチとアオダイショウと同じようなサイズ。

ただ、太さは同じくらいの長さのヘビと比べものにならないほど太く、がっしりした体格をしているため、大蛇の風格があります。姿かたちは、世界最大のヘビ・アミメニシキヘビをはじめとする大型ニシキヘビ類そのものの雰囲気。

おきなわワールドのアミメニシキヘビ

今回は、そんなボールニシキヘビを、他の大型ニシキヘビ含め種々のヘビを飼育する専門施設がどのように飼育しているのか、ご紹介します。

文献にみるボールパイソンの飼育ケージレイアウト

ヘビ飼育専門施設でのレイアウトを見る前に、 続きを読む

プロが見せるヒョウモントカゲモドキの飼育レイアウト5選【床材は?・シェルターは?】

初心者にも飼いやすい爬虫類として、根強い人気を誇るヒョウモントカゲモドキ。比較的環境にうるさくなく、簡易な設備で飼育できるため、爬虫類飼育の入門種とされています。

野毛山動物園のヒョウモントカゲモドキ

そんなヒョウモントカゲモドキですが、天然記念物や海外の珍種、飼育困難種を多数擁するような爬虫類展示施設でも、その姿を見ることができます。

そこで、全国から日本を代表する専門施設を5ヵ所ピックアップ。爬虫類飼育のプロが、入門種たるヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を、

・どのようなケージ・レイアウトで飼育しているのか

・床材やシェルターは何を使っているのか

じっくり見てきた結果をご紹介します。

文献からみるヒョウモントカゲモドキの飼育環境

プロの飼育環境を見る前に、詳しい文献からヒョウモントカゲモドキについての記載を 続きを読む

プロから学ぶコケガエルの飼い方3選

コケを身にまとったかのような姿で、周りの環境に溶け込む様子が印象的なベトナムコケガエル。比較的飼いやすく、飼育下での繁殖も狙える種類のようですが、プロはどのような飼い方をしているのでしょうか。動物園・水族館での展示を見てきましたのでご報告します。

アクア・トトぎふのコケガエルのアップ

コケガエル(ベトナムコケガエル)の飼育環境

プロの飼育環境を見る前に、詳しい参考書でコケガエルの項を確認してみます。コケガエルは最近になって流通しはじめた種類ですので、 続きを読む

樹上性だが水場も重要?プロのアマガエルの飼い方3選

二ホンアマガエルは、爬虫類両生類に興味のない人が「カエル」と言われてまず思い浮かべる存在。小さくて、きれいな緑色のかわいいカエルです。そんなアマガエルを、プロはどのように飼育しているのでしょうか。エサやケージの状況をリサーチした結果をご報告します。

田んぼの中のアマガエル

二ホンアマガエルの飼育ケージレイアウト、エサ等

プロの飼育環境を見る前に、二ホンアマガエルの飼育条件について、詳しい参考書から基本的な情報を抜粋します。各参考書とも抜粋部分の何倍、何十倍の情報量がある本ばかりですので、実際に飼育される方にはご一読をお勧めします。

千石正一著「爬虫両生類飼育図鑑」には、 続きを読む

パンケーキガメの飼育方法3選

リクガメの中でも平べったい甲羅が特徴的なパンケーキリクガメ。細い隙間に入り込んで、体を膨らませて引っ張り出されないよう閉じこもるという面白い技をもったカメです。そのパンケーキガメを、プロはどのように飼育しているのでしょうか。エサやケージの状況をリサーチした結果をご報告します。

バンコク・チャトチャックマーケットで売られていたパンケーキガメ
甲羅が薄く体が軽いので、生息地では岩をよじ登ったりと立体的な動きをするという。

パンケーキリクガメのケージ、エサ、温度等

プロの飼育環境を見る前に、パンケーキガメの飼育条件について、詳しい参考書から基本的なデータを抜粋します。

「Q&Aマニュアル爬虫両生類飼育入門」には、パンケーキガメを飼育する上での諸々の条件として、 続きを読む