きれいな水槽に奄美の魚とウミガメが泳ぐ奄美海洋展示館

奄美海洋展示館は、奄美大島にあるミニ水族館的施設。規模は大きくありませんが、きれいな大水槽をもつ素敵な施設だったのでご紹介します。

奄美海洋展示館

奄美海洋展示館は、奄美大島の中心街名瀬から車で15分ほど行ったところにあります(バス便もあるようですが、季節や本数に注意)。展示館への道はきれいな海沿いにあり、途中には絶景ポイントが沢山。展示館自体も、綺麗な砂浜のそばという素晴らしいロケーションにあります。

この先の道に砂浜が広がる

奄美海洋展示館の前の砂浜

芝生に映える白い建物を入ると、大きな立方体の水槽が正面に見えます。この大水槽、三方向と上から見られるようになっていますが、とにかく水が透き通っていてきれい。どこから見ても、水槽の向こう側がみえるくらい透き通っています。

立方体の大水槽

透き通った水槽を泳ぐウミガメたち

上からみた大水槽

水槽の中には、色とりどりの奄美の魚ときれいなウミガメがたくさん泳いでいて、ずっと眺めていても飽きません。奄美の海を再現した水槽とのことですが、魚とウミガメの混泳がとても上手くいっていて、竜宮城ってこういうところなのかな、という雰囲気。

色とりどりの奄美の魚とアオウミガメが泳ぐ

大水槽のウミガメ

水槽の両脇にある階段を登ると、二階に上がります。二階の床の高さに大水槽の水面があって、水槽と床が自然な海辺のような形でつながっています。
その海辺には、水槽のウミガメたちがたくさん集まってきていて、この日は餌やり(レタス)をすることが出来ました。距離感、すごく近いです。

2階で水槽の水面と床の海辺がつながる

集まるアオウミガメ

この奄美海洋展示館は、何と言ってもこの大水槽が素晴らしいのですが、大水槽以外にも展示コーナーがあって、そちらも充実しています。爬虫類両生類に関係するものを紹介すると、アカウミガメの赤ちゃん、アマミシリケンイモリ、ヤエヤマイシガメ、スッポンなどがいました。

アカウミガメの赤ちゃん

アマミシリケンイモリ

ヤエヤマイシガメ

スッポン

しばらく館内をブラブラしていると、大水槽で餌やりタイムがはじまりました。展示館の人が餌を持って水槽の脇に立つと、ウミガメや魚がたくさん集まってきます。餌やりを横から見れるっていいですね。

大水槽のエサやりタイム

たくさん餌をやって、水を汚しそうなカメを何匹も飼って、これだけの透き通った水槽を維持するって大変だと思います。この展示館、途中までの道や外の浜辺も含めて、南国リゾートとしての奄美を楽しめるところ。帰り道に見えた海も、すごくきれいでした。

スポンサーリンク