野生でみかけた爬虫類・両生類」カテゴリーアーカイブ

ニホントカゲと何が違う?伊豆諸島のオカダトカゲ

オカダトカゲは、東京都の伊豆諸島と伊豆半島のみに生息するトカゲ。パッと見ると、ニホントカゲ(※)と同じように見えますが、何が違うのでしょうか。

利島で見たオカダトカゲ

※東京周辺のものは、近年ではヒガシニホントカゲと区分されるようになりました。

図鑑の解説でみるオカダトカゲとニホントカゲの見分け方

日本の爬虫類両生類飼育図鑑」には、ニホントカゲについて、 続きを読む

奄美大島夜の観察行 山地編(ハナサキガエル、オットンガエル、イボイモリほか)

奄美大島、夏の夜の爬虫類両生類観察行、海岸編に続く山地編です。

奄美大島の夜の山

海岸沿いの観察を終えた後、夜の奄美の山に移動しました。山中の林道を走り回って、動物と出くわすのを待ちます。奄美は広い上、ジャングルのように木々が覆い茂った林道を夜中に動き回るので、行動中自分がどこにいるかはあまりピンときません。街灯もない林道を、車のヘッドランプを頼りに進んでいきます、地元の人の案内がなければ、迷わずに同じことをやるのはなかなか難しいかもしれません。

ちなみに、この夜の観察において、歩いて山に分け入ったり、藪漕ぎをするようなことはありませんでした。南西諸島には、ハブがいる島・いない島の区別がはっきりとあります。奄美のようなハブがいる島の人は、むやみに畑や草地、ましては山中の藪に入ったりはしません。奄美や隣の加計呂麻島では、集落にあるサンゴ塀沿いに、ハブ退治の棒が数メートルおきに立てかけられている風景を目にします。それぐらい、人々の中にハブがいるという意識があります。

加計呂麻島のハブ退治の棒

夜の山中の観察行は、ヘッドライトの明かりを頼りに車を進め、林道上もしくは林道沿いに何かを発見すると、車を降りて道路上で観察する、という形で進んでいきました。最初に目に入ってきたのは、爬虫類両生類でなく、天然記念物のアマミノクロウサギです!

アマミノクロウサギは、開けた場所が好きだそうで、林道上によく出てくるみたいです。ハブ退治のために持ち込まれた移入種であるマングースの影響で数が減り、一時期は山を走り回ってもほとんど見かけることがなかったといいます。しかし、マングースバスターズ(この話は興味深いので、番外編として別にトピックを立てます)によってマングースが根絶されつつある現在、数が復活してめぐり合うチャンスも増えたそうです。わたしも、写真はとれなかったものの、林道から山の茂みに駆け上がっていく姿を一瞬だけ目撃できました。

奄美野生生物保護センターのアマミノクロウサギ剥製

アマミノクロウサギを見たあとも、引き続き進んでいきます。すると、路上にカエルの姿が・・・・・アマミハナサキガエルです。姿かたち、大きさのイメージは、トノサマガエルに近いです。ただ、跳躍力はそれほどでもない感じでした。

アマミハナサキガエル

今回は、爬虫両生類に限らず、アマミノクロウサギや固有種の鳥など動物全般を観察することが目的でした。鳥は、木々の枝や電線などヘッドライトの照らす範囲より上にとまっているので、ヘッドランプの明かりを落として、懐中電灯を照らしながら進みます。照らすのは私、車を進めるのは地元の方です。

しばらく行くと、道路沿いに沢水を受けるための造作物が現れました。降りて近寄ってみると、浅いながらもきれいな水場があり、ウシガエルくらいの大きさがあるふっくらとしたカエルがいます。オットンガエルです。複数います。

造作物の上のオットンガエル水場に集まるオットンガエル

この水場が産卵場所となっているらしく、卵や幼生の姿もみえます。また、これを食べることもあるのでしょうか、イモリ(奄美大島にいるイモリは、イボイモリかアマミシリケンイモリ。エラが張っているのでイボイモリかなとは思いますが、わかりません)の姿もありました。月明りしかない深い山の中の夜、このような光景が静かに繰り広げられていることに感銘を覚えます。

オットンガエルの卵卵を食べに来たイボイモリ?

さて、クロウサギや奄美固有種含む爬虫類両生類も見て、アマミヤマシギという、これまた珍しい鳥も目撃し、満足して名瀬のホテルへ戻ろうという頃合いに、すごいものと出くわしました。

夜の路上のハブ1

ハブです。

あまり近寄らないように言われ、注意して車を降ります。距離をおきながら、ゆっくり近づきます。ハブセンターで見たような大物ではないですが、生で見ると迫力がありますね。

夜の路上のハブ2

しばらくとぐろを巻いていましたが、するすると移動して山の上の方に。

去っていく夜の路上のハブ

この後聞いた話ですが、奄美のハブが小型化しているという説があるそうです。クマネズミが奄美に移入種として定着したことがその原因ではないか、とのこと。ハブが今までの餌よりサイズの小さい餌であるクマネズミを食べるようになり、食性が変化。その変化に応じて体も小型化した可能性があるという仮説です。また、クマネズミにあわせてハブが生息域を拡げ、人家付近にも現れるようになったそうです。

いずれにせよ、奄美にはまだまだハブがたくさんいるし、人との関わりのなかで隣人として生き続けているのだと感じました。

 

スポンサーリンク


奄美大島夜の観察行 海岸編(リュウキュウカジカガエル、アカマタほか)

上空から見た奄美大島

奄美大島は、鹿児島県と沖縄県の間に位置する離島。東京23区とおなじ位の広さを持つ、かなり大きな島です。人口は約6万人と多く、島の中心部名瀬はこじんまりした地方の県庁所在地並みの街並みです。

交通の便は、鹿児島空港からの便が毎日複数便運航されているほか、東京・大阪からの直行便が毎日出発。数年前には、南西諸島への交通を抑えているJAL系に加え、成田-奄美を結ぶLCCのバニラエアが就航、ずいぶん安く行きやすくなりました。

そんな奄美大島ですが、地形が起伏に富み、温暖な気候から植物の生長がはやいため、少し街を離れるとジャングルのような雰囲気さえあります。面積は広大ですが、山地部分が多く、すべてサトウキビ畑になってしまうような場所ではありません。山地部分もたびたび森林伐採などの開発が入ってきたらしいのですが、気候の特性から回復が早いとのこと。それゆえ、有名なアマミノクロウサギをはじめとする貴重な生態系が何とか保たれ、爬虫両生類も豊富です。

奄美大島の山地

その奄美大島を、爬虫両生類の活動が活発となる夏の夜、生き物に詳しい地元の方に案内してもらいました。

まず最初に向かったのは、ウミガメの産卵/孵化が見られるかもしれないという海岸。海岸沿いには集落があるのですが、集落にある海岸近くの街灯はすべて赤い色になっていました。

海岸沿いの赤い街灯

これは、子ガメが孵化した後、人口の光に寄せられ誤って海でなく陸地方面に行かないようにするための配慮とのこと。生態系や環境に対して、地域・行政によるしっかりした取り組みがされているんですね。

さて、この日は海岸沿いの砂浜を場所を変えて2か所、しばらく歩きましたが、海亀はみられませんでした。ただ、ウミガメが孵化し、出てきた後の穴は見ることが出来ました。

海亀が孵化した後の穴

海亀が孵化した後の卵の殻

ウミガメの子供には、街灯の明かりのほかにも多くの困難が待ち受けているようです。砂浜の卵は、山からリュウキュウイノシシという小型のイノシシが下りてきて、掘り返して食べてしまうそうです。また、かつては人間も、ウミガメの卵を食べたそうです。砂浜を歩く前に、海岸沿いの道端に集まっていた方(このあたりでは、夕暮れ時の海岸に、お酒を片手に人が集まっているのをよく見ます)から聞いたお話ですが、結構おいしいものだったとか。私も、ウミガメの煮込みは食べたことがあるのですが、卵はありません。

さて、そんな訳でウミガメを目当てに海岸沿いの砂浜を歩いていた時、海へ流れ込むせせらぎにきれいなカエルを発見しました!

海岸のリュウキュウカジカガエル1

リュウキュウカジカガエルです。カジカガエルは渓流のイメージが強く、こんな砂浜で出会えるとは思いませんでした。よく見ると、周りには複数のリュウキュウカジカガエルが・・・たまたま一匹がはぐれてここに来たわけではなさそうです。奄美は、山地が海になだれ込むようなリアス式の地形なので、海岸のすぐそばに山があるのですが、それでも海が荒れれば潮を被るような砂浜です。そこにきれいなせせらぎがあって、黄緑色に輝く宝石のようなカジカガエルが何匹もいる・・・ウミガメは見られませんでしたが、ちょっとした感動がありました。

海岸のリュウキュウカジカガエル2海岸のリュウキュウカジカガエル3

しばらく観察して再び歩き出すと、今度はアカマタを発見。リュウキュウカジカガエルを食べに来ているのかもしれません。

海岸のアカマタ

イノシシにウミガメにカエルにヘビ、そして集まってくる人たち。奄美の海岸は、濃いですね。

この後は、山に移動しました。山地編へ続きます。

 

スポンサーリンク


沖縄・久米島で見たキノボリトカゲ

キノボリトカゲを見た近辺

皆さんは、キノボリトカゲ(オキナワキノボリトカゲ)というトカゲをご存知でしょうか。

関東圏出身の方の場合、子供の頃から慣れ親しんだ身近なトカゲというと、①草むら近くで日光浴をしているニホンカナヘビ、②夜、蛍光灯で照らされた白い壁に張り付いているヤモリ、③幼体のブルーの尾が美しいメタリックなニホントカゲ、ではないでしょうか。いずれも、姿かたちとしては装飾的要素がなくシンプルな種類です。

逆に、姿かたちが特徴的なトカゲといえば、エリマキトカゲやカメレオンといった外国種が思い浮かびます。グリーンイグアナなんかも、エリマキトカゲやカメレオンほどではありませんが、背中にたてがみがついていたり、首回りに装飾があったりします。身近な種類があまりにシンプルであり、逆に海外種として知っている種が特徴的な姿かたちを持つがゆえ、私は何となく、シンプルな姿かたちでない種類=外国産種というイメージがありました。

それだけに、キノボリトカゲを初めて日本の野生の状態で見た時、日本のトカゲにもこんなかたちのものがいるんだなとびっくりしました。図鑑で見たとか、希少種を山奥まで探しに行って見た、というならともかく、そこらへんで見かけたので。ただ、そこら辺といっても沖縄県の久米島です。

念のための補足すると、キノボリトカゲは久米島でしか見られない種類ではありません。沖縄では本島含め一般的な種で、近年では国内移入種として鹿児島や宮崎などにも定着しているようです。さすがは南方ですね。こんな種類が普通に身近にいるんだ、この地域の爬虫類好きの子供がうらやましいな、と思いました。

さて、そのキノボリトカゲですが、グリーンイグアナを手のひらサイズまで小さくしたような形をしています。

みかけた環境は、テニスコートより小さいくらいの、まわりに比べて少し窪んだ土地でした。周りから生える樹木が覆い繁るも、覆いつくされて林の中となる訳でなく、空が見える状態になっていました。地面にしゃがんでいくつか落ちていたカタツムリの殻を見ていたところ、近くの草の上にささっと動くものを発見。

葉っぱの上のキノボリトカゲ

こちらは息をひそめて、じっと動かずに観察しました。

後ろからみたキノボリトカゲ

関東圏にいると、遠い存在の気がする樹上性のトカゲ。沖縄方面に出かけた時は、また出会いたいものです。

 

スポンサーリンク


絶海の孤島・北大東島でスタスタ歩くヤエヤマイシガメ

「絶海の孤島」という表現があります。沖縄県の大東諸島は、まさにその表現が当てはまる、周りに何もない海の真っただ中にある島です。

上空から見た北大東島

沖縄県の離島といえば、沖縄本島の周辺の島や、沖縄と台湾の間にある宮古諸島、八重山諸島などが有名です。大東諸島(普通の人が行けるのは、南大東島と北大東島のみ)は、これらの島々とは離れた東方向にあり、沖縄本島から300キロの位置にあります。ちなみに、周囲300キロに陸地はありません。

大東諸島への交通の便は、飛行機は那覇→南大東→北大東→那覇を結ぶ路線が出るのみ。隔日逆回りで運航されていて、那覇からは1時間くらいかかります。船も、那覇の泊港から一週間ほどかけて往復する生活物資の運搬を担う船が一隻あるのみ。絶海の孤島ゆえ、非常に波が荒く着岸できなず、乗客の乗り降りは人間が入ったカゴをクレーンで吊り上げて移動させる形をとります。

隔絶された環境ゆえ、生態系も独特のものがあり、空飛ぶ大型哺乳類のダイトウオオコウモリや、足が短い大東犬が有名です。大東犬は、独自の生態系というより、移入された犬が血が濃くなって特徴がでたのだと思いますが。

ダイトウオオコウモリ

そんな大東島(北大東島)を車で走っていると、道路上でカメが歩いているのを見かけました。

路上を歩く北大東島のヤエヤマイシガメ1

見かけた場所は、集落に近くサトウキビ畑に近くちょっとした茂みにも近いというアスファルト上の道路。水場は近くにありませんでした。観察しようと車を降りると、走る走る。一回持ち上げてまた道路に放すと、すぐに走って移動します。野生のカメは、一回持ち上げると、首を引っ込め手足を引っ込め、それこそお地蔵さんのように数十分も動かなくなる場合も多いのですが、このカメは全く逆でした。

路上を歩く北大東島のヤエヤマイシガメ2路上を歩く北大東島のヤエヤマイシガメ3路上を歩く北大東島のヤエヤマイシガメ4路上を歩く北大東島のヤエヤマイシガメ5

大東島は、飛行機の上から見ると起伏がない平べったい島です。実際に降り立ってみると、海と陸の境目は険しい崖になっており、島を取り巻くように高さ数十メートルほどの衝立のような巨大な土手状の盛り上がりがあります。大東諸島では、これを長幕と呼んでいます。ただ、その長幕のなかは基本的に平坦な土地で、大部分はサトウキビ畑になっています。

大東諸島は、もともと無人だったところに八丈島から開拓民が移住したという歴史があり、リン鉱石採掘や製糖といった産業とともに歩んできた島です。他の沖縄の島と雰囲気はだいぶ違い、「勤勉」「組織」といった言葉が似合う印象があります。島の土地の大部分が、サトウキビ畑として整備されているのも何となくわかります。

北大東島の景色

それゆえ、奄美大島などのように森林地が多いとか、奥深いところがたくさんある訳ではありません。ただ、長幕の部分は本格的な整備を免れているほか、島の中に水場があり、そういう場所には自然が残っています。

サトウキビ畑と長幕

整備が進んだ大東諸島は決して爬虫類・両生類の宝庫ではありませんが、ちょっとした沼には数匹のカメがいました。

沼のヤエヤマイシガメ1沼のヤエヤマイシガメ2沼のヤエヤマイシガメ3ヤエヤマイシガメが住む沼

路上でみかけたカメも、沼のカメも、日本の爬虫類両生類飼育図鑑でみると、ヤエヤマイシガメではないかと思います。国立環境研究所の侵入生物データベースによれば、北大東島の個体は移入種の模様。大東諸島には、このほかにも悪名高い移入種のオオヒキガエルが大量に繁殖していて、あちこちで見かけるようです。爬虫類以外にも、もともといなかったキジが住み着いています。

北大東島のキジ

大東島で見かけた、固有種のダイトウオオコウモリと移入種の動物たち。大東島が、隔絶された島であり、整備された開拓の島でもあることを感じさせてくれました。

スポンサーリンク